無料ブログはココログ

2017年4月12日 (水)

青海苔ニュース

先週4月8日ごろ、つじくんの手のアップが報道されました。

http://www.sankei.com/photo/story/news/170408/sty1704080003-n1.html

2016年6月 8日 (水)

6月。離島にて

お久しぶりの更新です。
最近は気温も高くなっており、暑い日々が続いていますが研究室はいつも通り稼働中です。


今回も毎月行われているヒジキ調査についてです。
6月になると、ヒジキは1年の中で1,2を争う大きさまで生長します。
調査地のヒジキは他の地域と比べて長く、2mを超えるものも、、、、、
その為、調査地はヒジキだらけで歩くのも一苦労です。


この時期になると日中の海の水温は20℃を超え、泳ぎやすくなります。
そこで、今回はウェットスーツを持参し泳いできました。
海の中にはたくさんの魚が気持ちよさそうに泳いでおり、思わず見惚れてしまうほどです。
泳いでいる最中にウミウシ(背中が青いヤツ)も発見することが出来ましたしね。


これからますます暑くなります。
クーラーをつけて部屋でゴロゴロするのもいいですけど、自然の中で遊ぶのもいいですよ。

160606
↑調査に同行した生徒と天日干しされているヒジキ。
  ※決して遊びに来たわけではありませんよ。



                                        記事:Y

2016年4月28日 (木)

新しい論文

海洋植物学研究室から新しい論文がリリースされました。Ecology and Evolution誌のホームページでearly viewとして公開中。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ece3.2149/abstract

2004年から毎月毎月・・・四万十川河口でアオノリの調査をしてもう12年目に突入。最初の3年間で調査した成果が今頃発表になってます。遅い…
内容は、四万十川河口で冬に採取されている高級青海苔の生態について。この青海苔はスジアオノリといいます。スジアオノリには有性生殖する株と無性生殖する株があるのですが、地道な調査で四万十川河口の上流部分に有性株が、下流河口に無性株が棲み分けていることを発見しました。
タイトル:Novel distribution pattern between coexisting sexual and obligate asexual variants of the true estuarine macroalga Ulva prolifera
真性汽水大型藻スジアオノリに共存する有性株と独立無性株で発見された分布パターン
要旨の訳: 同種内で有性型と無性型が共存する場合、無性型は生育範囲の周縁部にみられることが多い。この無性型の分布パターンは、性のパラドックスの問題と関連して進化学的な注目を浴びてきた。多くの海産種では、生態地理学で周縁部とみなされる低塩分域で無性がよく出現する分布傾向がある。これは低塩分が有性生殖過程に負の効果があるためと説明される。しかし、最近低塩分に適応した真性汽水種の分布パターンはよくわかっていない。汽水産大型藻スジアオノリは汽水域生態系の主要な底生構成生物であり、有性生殖する株と独立して遊走胞子による無性生殖する株を含んでいる。我々は河川汽水域の塩分勾配に沿ってこの藻の有性-無性分布パターンを調べた。驚いたことに、海産生物とは真逆の分布傾向で、有性は無性よりも低塩分域で常に優占する明瞭な結果が示された。さらに、有性集団では配偶体と胞子体の頻繁な世代交代が観察され、これは低塩分でも有性生殖過程が健全に働いていることを示唆している。汽水産スジアオノリが低塩分に適応して祖先種から進化した真性汽水種であり、分布の中心が低塩分域だと考えれば、その分布パターンはこれまで多くの生物で報告されている無性周縁分布に含めることができる。その進化過程を簡潔に説明するためにニッチェ多様性固定モデル(frozen niche variation model)を採用した。このモデルを当てはめると、さまざまな遺伝型を保持する複数の無性型が、低塩分適応していく有性型祖先から生じて、現在、汽水生息域を有性型と分け合っていると説明される。

(平岡)

2016年4月22日 (金)

船に乗っての調査ですよ

こんにちは。
最近、今の季節が春だということを疑う毎日です。
今回は、先日に行った調査についての報告を、、、、、

今回行ったのは、藻場調査で、私はアシスタントとして調査に同行しました。

調査地は高知県の東洋町という場所で、高知県の最東端に位置します。
調査地で、現在の藻場を優占・構成する種を調べてきました。
どうやら、同じ内容の調査を10年程前(詳しくは知りません。)に行っているみたいで、約10年間での変化を確認することが、今回の目的だそうです。


漁協の方々と調査に協力してくださる漁師さんに挨拶を終えて、いざ調査へ、、、、GO!!
調査する場所は大きく湾の外と内にわけられます。
まずは湾の外へ、、、、


湾の外は波がそこそこあり、船が良く揺れていました。
私はあまり船に乗った経験がないので少し戸惑っていましたが、皆さんはものともしていません。サスガ海の男です。
調査が始まった頃は楽しかったのですが、途中からは船酔いとの戦いでした(笑)
船に水分を持って行かなかったことが悔やまれますorz
なんとか外湾の調査を終え、内湾の調査へ、、、、、
外湾での揺れが嘘に感じるほど内湾は凪いでいて、船酔いも回復しました。
この時には、自分の仕事内容にも慣れ、時間があるときに箱メガネで海の中を覗いていました。
海の中は綺麗でしたね、、サンゴもありましたし。


調査の途中に、調査員の人がサンプル採集の為に海に潜っている間、漁師の人から様々な話を聞かせて戴きました。
ここ10年程で海が変わって、今まで見たことのない南の魚が出てきたと仰っていました。
やはり地球温暖化の影響によるものかもしれませんね。


調査も無事終了し、研究室へ帰還。
今回の調査結果は他のデータと合せて発表するらしいです。完成が楽しみですね。



今回は、今までで一番文脈が無茶苦茶ですが、温かい目で見てください(笑)


ここら辺で。                                     記事:Y



S_
↑調査中の船から
   波をものともせず調査を行う姿はまさに海の漢!!!
  この時私は若干船酔い気味でした(笑)


2016年4月15日 (金)

4月ですね

お久しぶりです。
4月になり、研究室もメンバーが3人卒業してしまいました。
そのため、研究室の雰囲気が前年と比べて静かになっています。個人的には少し寂しいですね、、、、
そんなことを言っていても仕方がありませんので、気持ちを新たにして研究に臨んでいきます。

つい先日、大島へヒジキの調査へ行ってきました。
これは、ヒジキが1年と通してどのような変化をするのかを調べています。
このヒジキ調査は、今年卒業した先輩が行っていた調査で、どうやら今年も継続することが決まったそうです。この調査に連こ、、、、、、、同行させていただきました。

この時期のヒジキはよく生長しており、足の踏み場がないほどのヒジキ!ヒジキ!!ヒジキ!!!
移動するだけでも大変ですorz
ヒジキを採取する際には、より長いものを選びます。、
地元の人が「今月のヒジキは大きいよ。」と言っていたのですが、おっしゃっていた通りなかなかの大きさで、長いものでは1mを超えるものもありました。


調査も無事 に終わり、大学へ帰る途中で先生にお食事に連れて行ってもらいました。

そこで食べたジャコ天(魚のすり身を揚げたもの)は絶品でしたね。また食べたくなるほどの美味しさでした。

様々な土地に行き、様々なものに触れることが出来る。これは、なかなか出来ることではないので、大学にいる間は出来る限り様々なものに触れようと思います。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ああ、早く採取したヒジキを処理しなければ




S_p4110019
↑ヒジキ調査の様子。 
 茶色に見えるのがヒジキです。(他の海藻も混ざっていますが、、、)



記事:Y

2016年2月28日 (日)

研究室の報告~番外編~

今日は日曜日。
天候もよく,普段より過ごしやすい気温ですね。

本日は先輩と釣りに行ってきました。。。
研究室がある宇佐は,釣りのスポットとして名が知られており,休日になると多くの釣り人が朝から海へ糸を垂らしています。
特に連休や長期休暇時は,釣り人がひしめきあっています。

宇佐にある奥田釣具店は渡船を行っており,お金を払えば沖の方へ行くことが出来ます。
今回は渡船先の1つである「中堤防」へ行ってきました。 

7時30分に研究室へ集合し,奥田釣具店へ渡船代を払い,いざ中堤防へ。

中堤防に釣り人は数人しかおらず,釣り場所の確保は容易でした。
場所を確保したところで,釣り開始です!
自分はアジの泳がせ釣りと投げ釣りで勝負。
とりあえずアジを針に掛け,海に放り込み,投げ釣りの仕掛けを準備。。。。
準備が終わったところで,オキアミを餌に海へ投入し竿を地面に置いて気長にアタリを待ちます。


投入してすぐに竿にアタリが!!
急いで竿を持ちアワせますが,魚は釣れずorz
めげずに投入し続けた結果、ベラとカサゴ(小)×2が釣れました笑
ボウズはまぬ
投げ釣りでアタリを待っている途中、先輩の大きな声が聞こえたので話を聞いてみたところ,どうやら大きなシーバスがアタッたが,バラしてしまったとのこと。残念でしたね・・・・
先輩が行っていたアジの泳がせ釣りのアジの容態チェックのため,アジを回収してみると,そこには頭の上部を食われた無残なアジの姿が!!!!!
どうやらイカに食われたようで,先輩はとても悔しがっていました。


それから特にアタリもなく,時間だけが過ぎていき,昼に差し掛かったときです。
自分は釣りを中断し,穏やかな日差しを浴びて昼寝をしていた時にどこからともなく名前を呼ぶ声が、、、、、
睡眠を中段させられたことに少し不満を抱きながら自分を呼んだ先輩の下へ向かうと,
そこには大きくしなった竿を持つ先輩の姿が!!
どうやら大物が掛かったようで,取り込むのを手伝って欲しいとのこと。
タモ網を持ち,魚を待ちますが,なかなか上がってきません。
先輩が格闘すること数分,ついに魚の姿が、、、、、


あがってきた魚は,なんとイシダイ!!!!
しかも30cmを超えているのが水中で分かるほどの大きさ。


ハリスが切られないように気を付けながらやり取りをする先輩の姿を横目に,魚を取り込むチャンスを待ちます。
イシダイが水面に上がってきたのでタモを出動させましたが,1回目はイシダイの尾にあたってしまい,取り込めませんでした、、、、
しかも尾にタモがあたった瞬間,イシダイが逃げようと泳ぎだしてしまいました。
内心「ヤバい」と思ったのですが,サスガ先輩。再び水面にイシダイを上げてくれました。
今度はイシダイに当たらないように慎重にタモを使い,無事にイシダイを確保。
イシダイが釣れて10分後に帰りの船が来たので釣りを終えて帰りました。



今回釣り上げたイシダイを計測してみると、体長46cm,体重2.2kgの良型でした。
イシダイなんですが,卸値が年中を通して1kgあたり2000円を下回らないという高級魚。
刺身にしても美味いらしいですが,アラの煮つけとタタキは絶品とのこと。
どのように調理するのかは先輩次第ですけどね、、、、、


ちなみに,奥田釣具店が毎日更新している釣果に先輩の釣ったイシダイが載るそうです。
「高知 奥田釣具店」で検索したらサイトが出てくると思いますので是非みてください。

S_kimg1895_2

↑イシダイを釣り上げた先輩
  ラインが切られないかヒヤヒヤしながら格闘していました笑
記事:Y

2016年2月25日 (木)

近況報告

今年初の更新,皆様お久しぶりです(・ω・)

今月の17~19日に修論と卒論の発表会が行われました。

発表の時間が修論生は15分,卒論生は10分でした。
発表時間は長いように思えますが,実際に発表を行うと全然時間が足りませんorz
何回も練習して,削れる部分を削りまくってようやく時間ギリギリでした。


我が研究室からは修論生3人,卒論生1人の計4人が発表を行いました。
修論生の発表は素晴らしいものでした。
発表内容は理解しやすく,スライドも見やすかったです。
先輩の発表を聴いて,自分も頑張ろうと思いました。
修論生の発表を聴く為に,四万十から辻さんが来てくださいました。


発表会が終わり6日が経ちました。上旬のピリピリとした雰囲気はうそのように消え,研究室は静かです。
今年で卒業する先輩たちは机の片付けを始めて,少しずつ荷物が減っています。
少し寂しい気持ちもありますが,先輩たちの旅立ちを祝福したいと思います。 


Photo
↑発表会終了時の集合写真。皆さんお疲れ様でした。




                                             記事:Y

2015年12月25日 (金)

忘年会

お久しぶりです。

しばらく更新していない間に我が研究室では様々な出来事がありました。まぁ気が向いたらその内容は書きます。

先日、研究室で忘年会が行われました。

去年と変わらず男だらけでしたが、、、、、

皆さん楽しんでいたのでよしとしましょう。
来年からは就職して研究室にはいなくなってしまう人もいるのでもっと思い出を増やせるように頑張ります。

S_1450624598189
↑忘年会の集合写真。この後街ではしゃいでいる人も何人か。。
記事:Y

bounennkai

2015年11月16日 (月)

ゼミ終わりの……

今日は我が研究室でゼミがありました。
ゼミの内容は今自分が行っている実験や調査の報告です。

今回は自分の番だったのですがまぁボロボロでしたorz
何とかしなければ……

ゼミの後は最近回数が増えつつある餃子パーティー!!
いつもは皮を買い、具を作ってそこから餃子を作るのですが今回はなんと皮まで手作り!!!
餃子を付くている時皆さん楽しそうに作っていました。
私も参加したかったのですが、野暮用で作る工程には参加できませんでした。

合流したときには餃子が出来上がっていて無事に食べることが出来ましたが餃子……ウマウマウマッス(ry  とても美味でした(・ω・)

たくさんの餃子を頂いて気になる金額は……なんと200円(笑)
安く、美味しく食べれて大満足でした。

1447674898196
↑餃子の皮を作る朱さん、崔さん、Alvinさん
  この後の机掃除が……

記事:Y

2015年11月15日 (日)

講演会in大島

最近更新するのを忘れていました、すいません。

さて今回は研究室の活動についての内容です。

11、12日に調査と講演会の為に愛媛県の大島に行っていました。高知から愛媛の八幡浜まで車&フェリーを使い大島に到着、なかなか遠い道のりです、、、、


荷物を置いたらすぐに調査へ、先輩は11月の海にダイブしていました。私はとてもマネできないです。
先輩の調査が終わるまで釣りターイム!!
しかし、海が荒れていてお目当ての獲物はGETすることが出来ませんでしたorz
先輩(ダイブした人ではない)も釣りをしていたのですが、結果は惨敗。次にリベンジですね(笑)


夕方からは講演会がスタート!!
多くの島民の方々が講演会の為に集まってくださいました。
講演会の内容は大島の藻場の調査結果と高知大学と大島が共同で行っている事業についての報告で非常に興味深い内容でした。
この講演会には八幡浜市の副市長も来ていただき、熱心に講演会を聴いてくださっていました。
講演後には様々な質問が島民から飛び出し、予定していた時間を超えるという事も起こりました。



講演会の後は御礼という事で晩御飯を振舞っていただいました。どの料理も大変美味しくつい食べ過ぎちゃいました。
今回登場しました大島なんですが島民の方々が優しいだけでなく、非常に自然が豊かで釣りをするにもお勧めの場所です。
もしよろしければ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

1511111

↑大島の藻場の調査結果について話す田中さん





1511112
↑講演会を聴く島民の方々と生徒



本日登場した用語

藻場
海草・海藻の群落。様々な生物の住処や産卵場になる。 海の生態系にとって非常に重要な存在。

記事:Y

2015年11月10日 (火)

恒例行事!!!!

今日は研究室の伝統となっているバースディケーキによるお祝いがありました。
残念ながら誕生日当日に祝うことが出来ませんでしたが、無事に祝うことができてよかったです。

祝ってもらった先輩も嬉しそうだったのでよかったです。
さて、次に祝ってもらう人は誰なんでしょうか?

S_img_9350
↑美味しそうなケーキとそれを持つ先輩


記事:Y

2015年11月 8日 (日)

日曜日てすよ

今日は近くの高校で学園祭があったそうです。私は行ってないのですが先輩たちが小雨のなか行っていました。
そこの高校の学園祭では出店はもちろん高校で作った食品も販売していたそうです。

噂によると、そこで売られているツナ缶がたいへん美味らしいです。先輩に買ってきてもらうようにお願いしていたのですが、残念ながら売り切れていたそうで食べることはできませんでしたorz
サスガ人気メニュー(・ω・)

先輩が買ってきていたツナ天を頂いたのですが、なかなか美味でした。高校の食品クオリティー恐るべし、、、、

チャンスがあれば、来年行こうかなぁと考えています。
皆さんも学園祭、機会があれば行ってみるのもアリだと思いますよ。


そういえば、今日は我が研究室の先輩の誕生日なんでした。おめでとうございます。
よい一年になるように願っています。

記事:Y

2015年11月 7日 (土)

土曜日の研究室

今日は土曜日&雨ということもあり我が研究室もお休みムードが漂ってます。

ここ最近気温がだいぶ低下しており風邪をひいている人をあちこちで見かけます。
かくいう私も絶賛風邪ひき中なんですけどもね、、、、、、、、、

皆さんも身体の状態には気を付けてくださいね。

今日は特に何もなかったんで書くネタがありません(笑)

明日は何かあることに期待しておきましょう、、、、、


記事:Y

2015年11月 6日 (金)

ソトコト12月号

本研究室の学生である蜂谷さんが昨日発売された「ソトコト12月号」に掲載されていました。

記事の内容については、、、、、、、、、、、残念ながらここでは詳しく話せませんが、興味がある人は是非「ソトコト12月号」を購入して読んでみてください。
蜂谷さんの記事以外にも興味深い記事がたくさん掲載されています。

ちなみに蜂谷さんだけではなく他の学生も写真で掲載されているとの情報が、、、

S_pb060284
↑ソトコト12月号を熟読している本研究室の学生の青柳さん


                                                 記事:Y

2015年11月 3日 (火)

第3回こうちビジネスチャレンジ基金事業

Photo

今年行われた第3回こうちビジネスチャレンジ基金事業において

本研究室の蜂谷潤さんのビジネスプランが見事優秀賞に選ばれました。                                      おめでとうございます!さらなるご活躍をご期待申し上げます!!

蜂谷潤さんのビジネスプラン
高知沿岸の地下海水を活用したトコブシとスジアオノリの循環型陸上複合養殖と販売事業

気になる方は2015年10月30日の高知新聞の記事をご覧ください。

記事:青柳

2015年4月15日 (水)

藻類バイオマス利用研究セミナー

藻類バイオマスを利用する研究についてセミナーが4月30日に開催されます。150430

2015年1月24日 (土)

2月16日イルカセミナー

Photo


小木さんが野生のイルカが群れる孤島・御蔵島での生活について話をしてくれます。

2014年12月19日 (金)

2014忘年会

141219本日忘年会。ホルモン焼きのお店で現メンバーが全員参加。男ばかりのこの忘年会、この後、服を脱ぎだす輩が・・・

2014年12月18日 (木)

2014年お歳暮

9b2c75_84473d01de814fc990408cd5394b高知大学から「大学発ベンチャー」の認定を受けたはちやくんの会社・うみ路が今年のお歳暮セットを発売しています。よろしければご注文を。詳細は下記のページで。

室戸まるごとお届け便

http://www.murotto.net/#!marugoto2014/c1104

«九州大学9/19講演会