無料ブログはココログ

« 雨降りの四万十 | トップページ | 建設業に厳しい状況 »

2011年6月29日 (水)

7月1日セミナー会場変更

7月1日開催“第8回バイオマス変換触媒セミナー In 高知 「海洋バイオマス資源化研究の最前線」”の会場が以下に変更になりました。

会場:高知大学朝倉キャンパス メディアの森(図書館)6Fメディアホール
http://www.kochi-u.ac.jp/JA/m/c-asakura.html
高知県高知市曙町2-5-1
*高知大学正門から南へ約100mです。

« 雨降りの四万十 | トップページ | 建設業に厳しい状況 »

コメント

素人考えですが、

CO2→海藻→有機物→オーラン→炭水化物

という展開になるのでしょうか?

K川くん、新天地に移られてどうですか?

渡邊先生の発表を聞きました。
その展開を構想しているようです。「海藻」の位置には他の光合成生物でもよいです。
「オーラン」の位置は酵母など発酵生物でよいことになります。この展開図で、オーランは発酵生物と比較されるべきということが、はっきりしますね。
オーランを“藻”と言ってしまうと、「海藻」の位置にオーランがくると多くの人に誤解を与えるので、よくないでしょう。

新天地、暮らしは落ち着いてきましたが、
職場はまだまだ大変です(゚ー゚;

オーランの話はテレビでも最近よく聞きますが、
問題はエサになる有機物をどうするか?という
ところでしょうか…

一瞬、アワビの排泄物はどうかなと思いましたが
全然量が足りないのでしょうね…

人間の排泄物ならたくさん…すみません。
汚い話になってしまいました…

また面白い展開ありましたら教えて下さい。

「排泄物」は主に窒素、リンが豊富でしょうが、オーランが必要な有機物は、グルコースだそうです。それからしてもオーランは酵母と同じ役割です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日セミナー会場変更:

« 雨降りの四万十 | トップページ | 建設業に厳しい状況 »