無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月28日 (木)

新しい論文

海洋植物学研究室から新しい論文がリリースされました。Ecology and Evolution誌のホームページでearly viewとして公開中。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ece3.2149/abstract

2004年から毎月毎月・・・四万十川河口でアオノリの調査をしてもう12年目に突入。最初の3年間で調査した成果が今頃発表になってます。遅い…
内容は、四万十川河口で冬に採取されている高級青海苔の生態について。この青海苔はスジアオノリといいます。スジアオノリには有性生殖する株と無性生殖する株があるのですが、地道な調査で四万十川河口の上流部分に有性株が、下流河口に無性株が棲み分けていることを発見しました。
タイトル:Novel distribution pattern between coexisting sexual and obligate asexual variants of the true estuarine macroalga Ulva prolifera
真性汽水大型藻スジアオノリに共存する有性株と独立無性株で発見された分布パターン
要旨の訳: 同種内で有性型と無性型が共存する場合、無性型は生育範囲の周縁部にみられることが多い。この無性型の分布パターンは、性のパラドックスの問題と関連して進化学的な注目を浴びてきた。多くの海産種では、生態地理学で周縁部とみなされる低塩分域で無性がよく出現する分布傾向がある。これは低塩分が有性生殖過程に負の効果があるためと説明される。しかし、最近低塩分に適応した真性汽水種の分布パターンはよくわかっていない。汽水産大型藻スジアオノリは汽水域生態系の主要な底生構成生物であり、有性生殖する株と独立して遊走胞子による無性生殖する株を含んでいる。我々は河川汽水域の塩分勾配に沿ってこの藻の有性-無性分布パターンを調べた。驚いたことに、海産生物とは真逆の分布傾向で、有性は無性よりも低塩分域で常に優占する明瞭な結果が示された。さらに、有性集団では配偶体と胞子体の頻繁な世代交代が観察され、これは低塩分でも有性生殖過程が健全に働いていることを示唆している。汽水産スジアオノリが低塩分に適応して祖先種から進化した真性汽水種であり、分布の中心が低塩分域だと考えれば、その分布パターンはこれまで多くの生物で報告されている無性周縁分布に含めることができる。その進化過程を簡潔に説明するためにニッチェ多様性固定モデル(frozen niche variation model)を採用した。このモデルを当てはめると、さまざまな遺伝型を保持する複数の無性型が、低塩分適応していく有性型祖先から生じて、現在、汽水生息域を有性型と分け合っていると説明される。

(平岡)

2016年4月22日 (金)

船に乗っての調査ですよ

こんにちは。
最近、今の季節が春だということを疑う毎日です。
今回は、先日に行った調査についての報告を、、、、、

今回行ったのは、藻場調査で、私はアシスタントとして調査に同行しました。

調査地は高知県の東洋町という場所で、高知県の最東端に位置します。
調査地で、現在の藻場を優占・構成する種を調べてきました。
どうやら、同じ内容の調査を10年程前(詳しくは知りません。)に行っているみたいで、約10年間での変化を確認することが、今回の目的だそうです。


漁協の方々と調査に協力してくださる漁師さんに挨拶を終えて、いざ調査へ、、、、GO!!
調査する場所は大きく湾の外と内にわけられます。
まずは湾の外へ、、、、


湾の外は波がそこそこあり、船が良く揺れていました。
私はあまり船に乗った経験がないので少し戸惑っていましたが、皆さんはものともしていません。サスガ海の男です。
調査が始まった頃は楽しかったのですが、途中からは船酔いとの戦いでした(笑)
船に水分を持って行かなかったことが悔やまれますorz
なんとか外湾の調査を終え、内湾の調査へ、、、、、
外湾での揺れが嘘に感じるほど内湾は凪いでいて、船酔いも回復しました。
この時には、自分の仕事内容にも慣れ、時間があるときに箱メガネで海の中を覗いていました。
海の中は綺麗でしたね、、サンゴもありましたし。


調査の途中に、調査員の人がサンプル採集の為に海に潜っている間、漁師の人から様々な話を聞かせて戴きました。
ここ10年程で海が変わって、今まで見たことのない南の魚が出てきたと仰っていました。
やはり地球温暖化の影響によるものかもしれませんね。


調査も無事終了し、研究室へ帰還。
今回の調査結果は他のデータと合せて発表するらしいです。完成が楽しみですね。



今回は、今までで一番文脈が無茶苦茶ですが、温かい目で見てください(笑)


ここら辺で。                                     記事:Y



S_
↑調査中の船から
   波をものともせず調査を行う姿はまさに海の漢!!!
  この時私は若干船酔い気味でした(笑)


2016年4月15日 (金)

4月ですね

お久しぶりです。
4月になり、研究室もメンバーが3人卒業してしまいました。
そのため、研究室の雰囲気が前年と比べて静かになっています。個人的には少し寂しいですね、、、、
そんなことを言っていても仕方がありませんので、気持ちを新たにして研究に臨んでいきます。

つい先日、大島へヒジキの調査へ行ってきました。
これは、ヒジキが1年と通してどのような変化をするのかを調べています。
このヒジキ調査は、今年卒業した先輩が行っていた調査で、どうやら今年も継続することが決まったそうです。この調査に連こ、、、、、、、同行させていただきました。

この時期のヒジキはよく生長しており、足の踏み場がないほどのヒジキ!ヒジキ!!ヒジキ!!!
移動するだけでも大変ですorz
ヒジキを採取する際には、より長いものを選びます。、
地元の人が「今月のヒジキは大きいよ。」と言っていたのですが、おっしゃっていた通りなかなかの大きさで、長いものでは1mを超えるものもありました。


調査も無事 に終わり、大学へ帰る途中で先生にお食事に連れて行ってもらいました。

そこで食べたジャコ天(魚のすり身を揚げたもの)は絶品でしたね。また食べたくなるほどの美味しさでした。

様々な土地に行き、様々なものに触れることが出来る。これは、なかなか出来ることではないので、大学にいる間は出来る限り様々なものに触れようと思います。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ああ、早く採取したヒジキを処理しなければ




S_p4110019
↑ヒジキ調査の様子。 
 茶色に見えるのがヒジキです。(他の海藻も混ざっていますが、、、)



記事:Y

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »